[戻る]    

『TSUBO 第五回』

さてさて、あっという間の香港ライブも終わりあっという間に寒い日本に帰ってきました。それにしても、さすが中国食文化。去年何度かいった上海同様、すごく香辛料のにおいがしてたまりませんでした。食欲をそそられて...あのスパイシーな香りはいくら食べても太らない、そんな気さえしてしまいます。ラジオでも宣言したとおり3月の浅岡 雄也さんのツアーでは10キロ減!な僕にとっては香港のごちそうが最後の晩餐となりました。
今回は浅岡さんのバースデイツアーでライブに参加させてもらったんですが、香港ディナーでパワーアップし過ぎたのか、ライブを楽しみすぎたのか...ライブ後ピアノを強くたたき過ぎて右手親指がはれてしまっていたほどでした。
香港の写真もいくらか撮ってきました。こちらもアップしますので是非見てください。

 

『TSUBO 第四回』

みなさんこんにちは。
調子に乗って連続更新してみました。

今日から僕は香港に行ってきます。浅岡雄也さんのライブに同行します。
たくさんおいしいものがあるようです。帰ってきたらまたおいしい写真をアップします。
お楽しみに。


『TSUBO 第三回』

明けましておめでとうございます。
かなり遅いご挨拶になってしまいました。

HPも立ち上げて...
はや4ヶ月が経過しようとしています。
やっと、『第三回』を書いているわけですが、いつも楽しみにチェックして
くださっていた方、ごめんなさい。やっとやっとの更新です。

まぁ、年初めということで...
昨年はバンドの解散をはじめ、本当にいろんな人との別れが多い年になりました。
もちろん辛いことですが、各々が違う道を歩いていくという選択はいつかはあることだと思ってもいました。
ただやはり現実となると、まだまだ簡単には整理がつかない部分はありますが。
それと同時に本当にいろんな方と出会うことのできた年でもありました。
アレンジ、プロデュースを通じていろんなバンドにも会えましたし、ベースプレイでは多くの尊敬できるミュージシャンの方にかわいがっていただいたと思います。
そう、そしてまた新しいバンド、サボテンウィリーに参加することもできたし!!!

男32歳。
まだまだ音楽をやっていくことが大好きなようです。
ライブ、ライブ、ライブ!!!
これからもどんどん多くの仲間に囲まれてやっていこうと思っています。
ソロデビューはまだまだですが(笑)是非お近くに行った時には遊びに来てくださいね。お待ちしています。

 

『TSUBO 第二回』

すっかり寒くなってきました。みなさん寒さに負けずちゃんと元気にしていますか?
僕は結局夏ばてもする暇もなく食欲の秋に突入してしまい、いったいいつ痩せればよかったのかと反省している日々を送っています。
そんな中、今年は一人10/28日という僕にとっての記念日を過ごすこととなりました。
この日は僕が初めて「カレイドスコープ」というバンドでデビューした日です。
記念日といっても去年までは、正直こんなに大切に思った記憶もありません。
一度デビューしてしまうと、後はリリース、プロモーション、ライブ、などなどで瞬く間に日々が通り過ぎていき、大切な日を振り返ったり、考えたりすることを怠っていたような気がします。
ついつい多くの人に支えられてデビューできたことへの感謝も忘れがちになってしまっていたと思います。
まぁ、こんなことを思うようになったのも、最近多くの人のデビューをお手伝いするようになってきて、彼らが本当に多くのスタッフやファンの方々に支えられていることを少々客観的にみれるようになってきたからだとは思うのですが。
今日もまたひとつのバンドと一緒にレコーディングをやりに行きます。
一緒に音楽を作っていく中でこんな僕も反面教師として(笑)このようなことも伝えていければと思っています。
もちろん、彼らは僕ほどの短慮?ではありませんが!!!

 
 

『TSUBO 第一回』


さてさて...
ここでは僕の心のツボにはまった事を日記みたいに書いていこうと思っています。
というわけで、第一回は 田辺 トシノ サボテン入りか!

最近アレンジやレコーディングでよくご一緒させてもらっている『サボテンウィリー』というバンドがあるんですけれど、実は昨日もライブで一緒でした。

この夏くらいから楽曲のアレンジを通してよく一緒にいたのですけれど、
ヴォーカルのリンちゃんの声、ツボにはまってしまいました。
やさしくつつみこんでくれるその声にノックアウト!
最近バンドも解散してさみしい心の中にすっと入ってきてしみわたっています。
しかもギターの祐介君もピアノのTOMもいいやつらで、一度に2人も弟ができたようで一人っ子の僕にとってはたまりません。

このサボテンウィリー、他のバンドとちょっと違っていてメンバーがみんなアレンジャーでもあるのです。
そこも大きな魅力の一つで、これからはアレンジャー、プロデューサーとしても活動していきながら、もちろんベーシストとして音楽をやり続けていきたいと思っていた僕にぴったりでした。

というわけで、これからはもちろん一人の音楽家としても活動していきながら、サボテンウィリーのメンバーとしてもやっていこうと思います。

年の差なんて!!!
きっと埋まります。(笑)

これまでカレイドスコープのメンバーとして育ててきた自分の音楽の上に、今度はサボテンウィリーの音をどんどん積み重ねていこうと思っています。
きっと素晴らしい音をみなさんに届ける事ができると信じています。
楽しみにしていてください。

それでは、またライブでお待ちしています。

田辺 トシノ

てなバンドなので、僕の活動はこれまでと変わりありません。
様々な人と一緒に音を出し続けていこうと思っています。
今まで同様、サボテンの僕もかわいがっていただければうれしいです。
あらためて、よろしくお願いします。